| HOME |
参詣案内
大善寺縁起
文化財
祈祷・修行
宿坊・民宿
特別護摩

大善寺の本尊薬師如来は、秘仏として厨子の中に納められ、通常は拝むことは出来ません。
しかし、五年に一度扉が開かれお姿を拝むことが出来、同時に、寺に伝わる宝物もご覧になれます。最近では、平成25年10月1日〜8日に御開帳が行われ、大勢の方々が参拝されました。

次回御開帳:平成30年10月1日〜14日予定
厨子

藤切会式は、通称「藤切り祭」と呼ばれ千二百年来続くお祭りです。「役小角が大蛇を退治した」故事に基づき、高さ三間半(6.3m)の御神木から、七尋半(いちひろ=約六尺)の大蛇を形どった藤の根を、修験者が切り落とし若者がそれを争奪します。

毎年 5月8日 に行われます。

藤切会式
 

藤切会式

10月の第1土曜日に柏尾山の中腹に鳥居の形に火を灯すお祭りです。京都の大文字焼きと同じくお盆の送り火として古くから受け継がれてきました。
また、この夜には沢山の花火が打ち上げられ、おおくの人で賑わいます。

※平成19年度より、第1土曜日に変更になります。
鳥居焼まつり

年中恒例行事
初開扉 1月1日〜3日
初薬師 1月8日
節分追儺祭 2月3日
大施餓餽会 3月23日
藤切会式 5月8日
薬師大祭典 5月8日
水子地蔵祭 8月6〜8日
三枝守国公法要 9月19日
鳥居焼 10月 第1土曜
星祭 12月22日