| ホーム | 会社沿革 | ワイン紹介 | アクセス | お問合せ |


大泉葡萄酒株式会社の歴史は明治三十五年十二月、九人の発起人により設立された「達磨葡萄酒合資会社」からはじまります。当時はワイン醸造の黎明期にあたり、今では想像できないほどワインに対しての一般的な認識は低く、また 不安定なブドウ供給と発展途上の経済環境により、葡萄酒業界は厳しい生存競争がありました。そのような中、先人の不断の努力と研究により幾多の困難も乗り越え、さらに 動乱の太平洋戦争時期においても 葡萄酒醸造を止めることなく継続させ、「祝第三区共同醸造組合」という組織により戦後へと繋げてきました。昭和三十八年、地元地域と共に発展するよう願いを込め、会社所在地の地名の「大泉」を会社名とし 株主である地元ブドウ生産者と協調しながら 地域に根を張り、今日ではより多くの方々に勝沼ワインを愛飲してもらえるよう さらなる品質の向上を目指し醸造を続けています。

明治35年12月達磨葡萄酒合資会社として発足
明治43年 3月甲州葡萄酒株式会社となる。
大正07年 3月資本金を三万円に増資。
昭和03年 マルキ葡萄酒に吸収合併される。
昭和16年 祝第三区共同醸造組合として再発足。
昭和38年 大泉葡萄酒株式会社となる。
昭和54年 資本金を四百三十二万円に増資。株主は106人。下岩崎1807番地に移転する。
平成元年 資本金を二回に分けて増資。合計した資本金は二千百六十万円となる。
現在地に移転する。



| 特定商取引法に関する法律に基づく表示 | 個人情報の取り扱いにつきまして |

大泉葡萄酒株式会社 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1809
TEL 0553-44-2872 FAX 0553-44-2872
営業時間:8時〜17時 定休日:日曜、祝日
Copyright:(C) 2013 Ohizumi Winery of Katsunuma All Rights Reserved.